Windows 8 ブータブルDVDを作成する方法

Windows 8試用版はリリースされました。Windows 8は次の特徴があります:

1.より高速な起動時間と優れたシステムの最適化。

2.メモリの使用効率が最適化されています。

3.USB 3.0を使用して、大幅に伝送速度を増加させた。

4.より強力のAnti-Malwareを搭載してコンピュータのセキュリティを確保する。

5.マルチタッチをサポートして、タッチで入力。

まず、次のアドレスからWindows 8 ISO イメージファイルをダウンロードしてください:

64-bitに(x64)

32-bitに(x86)

Windows 8をインストールする前、次のシステム要件をご覧ください:

1 GHz以上の32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ

1 GB RAM(32ビット)または2 GB RAM(64ビット)

16 GBの空領域 (32-bit) または 20 GBの空領域 (64-bit)

WDDM 1.0以上のドライバーで動作するDirectX 9グラフィックスデバイス

次の方法でWinISOでWindows 8 ブータブル DVDを作成します:

1.Windows 8 ISO イメージファイルを開きます

2.Windows 8 ISO イメージファイルをDVDに書き込みます

3.インストールします

WinISOをダウンロードしてインストールします




ステップ1. Windows 8 ISO イメージファイルを開きます

Windows 8 ISO イメージファイルを開くために、三つの方法があります:

1.WinISOを実行します。メニューでの「ファイルを開く」ボタンをクリックします。




2.「ファイル」メニューをクリックして、「ファイルを開く」を選択します。それとも、“ctrl+o”を押します。

3. Windows 8 ISO ファイルをWinISOにドラッグします。

ステップ2: Windows 8 ISO イメージファイルを書き込みます

「イメージを書き込み」を選択します。それとも、ツールバーでの「書き込み」をクリックします。そうすると、書き込みのウィンドウが表示されます。「…」をクリックして、Windows 8 ISO イメージファイルを選択してDVDに書き込みます。




ステップ3.Win 8をインストールします

Win 8 ブータブル DVDをDVDドライブに挿入して、コンピュータの起動シーケンスを変更することを忘れないでください。BIOSセットアップユーティリティの[スタートアップ]メニューの指示に従って、最初に起動するCD-ROMドライブを設定します。





関連の使い方

Windows 8 ISOをCD/DVD/BDに焼く方法
Win8 .isoイメージのマウント

お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る