ISO9660とUDFとHFS+のISOを作成する方法

WinISOはISOを作成する機能があって、それに、ISOファイルのシステムも指定できます。

WinISOはISOのシステムがISO9660、UDF、HFS+を指定できます。

1.「ファイルを追加」をクリックして、ISOに作成したいファイルをWinISOに追加します。




2.「ファイルシステム」のドロップダウンリストで「iso9660」を選択します。




3.「保存」ボタンをクリックして、「保存」ウィンドウを開いて、ISOファイルのファイル名と保存先を指定します。指定してから、「保存(s)」をクリックして、作成されたISOを指定の保存先に保存します。




4.また、UDFとHFS+システムのISOを作成したい場合、「ファイルシステム」でUDFとHFS+を選択します。




お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る