仮想ドライブとは?

仮想ドライブ:パソコンにある仮想ドライブは操作システムに対するデバイスで、ディスクのエミュレータというソフトウェアを利用することにより、ディスクを読み込むハードウェアに代わるディスクイメージ付きの物理ディスクドライブとほぼ同じです。

仮想ドライブはハードドライブ、テープドライブ、キードライブ、フロッピードライブ、CD/DVD/BD/HD DVDと他のネットワークで共有できるものをエミュレータできます。エミュレートされたドライブは高速な読み込み/書き込みスピードで、RAMに作成され、或いはハードディスクで作成されます。仮想ドライブでCDとDVDのディスクイメージの取り付けができ、"OTFE"( on the fly disk encryption)のためにハードディスクの取り付けもできます。

Linux[1] と Mac OS X[2]のようなシステムは仮想ドライブを内蔵し、Microsoft Windowsのようなシステムは別のソフトウェアが必要です。

仮想ドライブは読み取り専用で、ドライブに変更されることができないディスクイメージを取りつくことができます。

しかし、新しいディスクイメージを生成する仮想CD/DVDドライブを提供するソフトウェアがあり、この仮想ドライブは"virtual burner"を含める様々な名前により行うのです。

お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る