UDFとは?

UDFはユニバーサルディスクフォーマット(Universal Disc Format)の略称で、パケットライティング技術(PW ,Packet Writing)を利用して、CD-Rをハードディスクにするようにして、ユーザーは光ディスクでファイルが編集と消去します。UDFの原理はファイルを焼いてる前、データをパッケージして、メモリで臨時的に特別なファイルカテゴリリストを建立すると同時に、システムからの訪問を引き継ぎます。それに、編集と消去されたファイルは消えたということではなく、まだCD-Rに実在して、編集された部分は独立でディスクに書き込まれたということです。ただし、訪問許可と訪問許可しないの設定、特別リンクのリダイレクトなどの方法で、以前のデータを表示させないことで、或いは、新たなデータで以前のデータを上書きすることにより、データの編集と消去を実現します。操作が終わったら、これからの読み取りと復元のために、新しいカテゴリリストを再び光ディスクに焼き戻します。

UDFを使う時、isoの書き込みと違って、Windowsエクスプローラで書き込みが完成できて、書き込みの失敗率を大幅に減少しました(isoの書き込みが完了する時、セッションを閉じる操作が必要です)。今日、udf技術を使用するソフトはCD-RWの書き込みに対応しますけど、真のudf技術と違うところもあります。例えば、ファイル消去はファイルをディスクから削除する操作で、システムをだます操作ではありません。

UDFは便利な技術ですけど、欠点もあります。
1.パソコンの有効なディスク領域を減ります。
2.CD-RとCD-RWをフォーマットしなければなりませんから、ディスクの容量を100MBぐらい減ります。

ディスクを焼くとき、元データはサイズが2G以上の場合、UDFで便利です。でも、UDFファイルシステムの光ディスクはMulitRead CD-ROMのみで読み取れることで、MulitReadに対応しないディスクにとって、UDF技術に対応するソフトが必要です。

お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る