オンザフライ書き込みとは

オンザフライ書き込みはOTFと略称され、よく使われる書き込む方式です。オンザフライ書き込みが使われる前、コンピューターの計算速度はニーズに満たせられないため、データをISO-9660形式のイメージファイルに変換しなければなりません。つまり、オンザフライ書き込みではハードディスクなどにイメージファイルを用意する必要がなく、直接に書き込みを行う方式です。

さらに、IT用語辞典は次のように解釈しました:
CD-Rライタソフトは、CD-RやDVD±Rにデータを書き込む前に、書き込むファイルやフォルダの集合を適切な形式のディスクイメージに変換する。このとき、いったんハードディスクにイメージファイルを作成してこれを読みながら書き込む方式と、イメージファイルを作らずにディスクイメージに変換しながら書き込む方式がある。後者をオンザフライ書き込みという。
ハードディスクにイメージファイル用の領域を確保する必要がなく、変換にかかる時間も節約できるというメリットがあるが、変換が書き込みに追いつかないとバッファアンダーランエラーで書き込みが失敗するというリスクもある。しかし、最近ではパソコンの処理性能の向上や、バッファアンダーランを防止する機構が普及したため、オンザフライ書き込みが一般化している。

お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る