CSO イメージファイルとは?

CSO イメージファイルはISO イメージフォーマットの圧縮方式で、ダンプされたプレイステーションポータブルUMDゲームをを圧縮し、.DAXの圧縮方式の代わりでもあり、"CISO"ともいえます。これはISOを圧縮する一番目の方法です。この方法で、多くのメモリ空間が節約できます。ブースターは一番目のコードを作成し、それから、より良い圧縮するためにこれを最適化しました。他のフォーマットはゲームの遅れ、.DAXと.JSOなどの問題を修正することにより、このフォーマットを取り換えたかったんです。それに、あの時、"DevHook"という自作のアプリケーションはCSOを使っていました。.DAXは他のローダーが必要で、.JSOは必要ではありません。

CSOは圧縮の9つのレベルを提供しました。最高レベルの圧縮ではディスクストリーミングに依存しているソフトウェアの圧縮速度と残り時間が計算でき、低レベルでもかなりの圧縮にも対応します。[1]これは部分的にUMDのデータレイアウトによるもので、多くの場合、著作権侵害対策ツールとディスクに物理的にデータをレイアウトする意味としてダミーファイルによる使用されるものです。

プレイステーションポータブルUMDゲームとPicoDrive のPSPのポートの圧縮はCSO フォーマット内のSega Mega-CD ディスクイメージの圧縮をサポートします。

お勧め: WinISO 標準版 6

トップへ戻る